視力回復手術のレーシックで快適生活! 体験記と全国各地の名医と病院のまとめ情報

レーシックの仕組み

角膜実質を近視や乱視の度数に応じてエキシマレーザーを精密に照射し、眼の屈折力を正しい状態に戻します。コンピュータープログラムによりレーザーを精密に制御するため、顕微鏡レベルの微量の角膜組織を正確に取り除くことができます。
1 2 3
手術の前に点眼薬で麻酔します マイクロケラトームで角膜の表面を削り、フラップをつくります フラップをめくります

4 5 6
エキシマレーザーを照射して、近視や乱視を治します 元の位置にフラップを戻します フラップを自然に接着させます

情報提供:神戸クリニック

次のページ
近視・遠視・乱視の仕組み

Copyright (C) - レーシック/視力回復手術体験記 - All rights reserved